Rashoumon - Ryūnosuke Akutagawa - darmowy ebook
Opis

"Rashomon" (Japanese: ???) is a short story by Akutagawa Ryunosuke based on tales from the Konjaku Monogatarishu. A man considering whether or not to become a thief meets a woman stealing hair from corpses. Their conversation explores the morality of theft.

Ebooka przeczytasz w aplikacjach Legimi lub dowolnej aplikacji obsługującej format:

EPUB

Liczba stron: 16

Popularność


- 1927年7月24日)は、日本の小説家。号は澄江堂主人、俳号は我鬼を用いた。 その作品の多くは短編で、「芋粥」「藪の中」「地獄変」「歯車」など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』などの古典から題材をとったものが多い。「蜘蛛の糸」「杜子春」など、童話も書いた。 1927年7月24日未明、友人にあてた遺書に「唯ぼんやりした不安」との理由を残し、服毒自殺。35歳という年齢であった。後に、芥川の業績を記念して菊池寛が芥川龍之介賞を設けた。戒名は懿文院龍之介日崇居士。 Ryūnosuke